高校生の頃に故・日高敏隆先生の「チョウはなぜ飛ぶか」という本に出会いました。

d0361112_20053320.jpg

トンボのように直線的に移動するのが最も効率的な飛び方です。空中でホバリングもできるトンボは飛行の名人です。
その点、チョウはヒラヒラと飛び回り、効率の悪い、不器用な飛び方をします。
しかし、この飛び方で、チョウは異性と出会う可能性を広げているんですね。
キアゲハの雄は独特の香りを放ちます。雌にアピールする香水をばらまきながら飛んでいます。
直線的に飛ぶよりも、はるかに効果的に雌の視覚と嗅覚に訴えるわけです。
でも、それはチョウを狙う鳥の眼にもとまります。
しかし、鳥がチョウを捕えるのは大変です。トンボと違って次の瞬間にどこにいるのか予測できないからです。
チョウの不器用な飛び方が、実は素晴らしい適応の結果なのだと知ったときの感動。
何だかとっても嬉しかったのを覚えています。

d0361112_20054329.jpg

大学卒業後、日高敏隆先生と一緒に仕事をさせてもらいました。
そして、高校生のときの感動を先生にお話ししたとき、先生がとっても嬉しそうにされたのを思い出します。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
# by syunkatei-tanba | 2017-09-23 21:00 | 昆虫類 | Comments(0)

名の通り、毎年ちゃんと彼岸の頃に咲くから面白いです。
我が家の周辺で、今年最初にヒガンバナの咲いた花を見たのが9月18日でした。
それから4日経って、いまがいちばんの見頃だと思います。
明日が彼岸の中日です。これを過ぎると、花がちょっと傷んできます。

d0361112_19434259.jpg

ヒガンバナは3n(三倍体)ですので、種子ができません。だから、すべて人為的に株分けをして植えられたものです。
田んぼのまわりにヒガンバナが植えてあるのは、モグラが畦に穴を開けることを防ぐためのようです。
ミミズがヒガンバナの毒を嫌い、ミミズがいないとモグラが来ないというわけです。

d0361112_19435389.jpg

稲穂を背景にヒガンバナを撮ってみました。

d0361112_19440240.jpg

真上から見ると、面白い形をしていますし、ほんとに不思議な花だなぁと思えてきます。
葉も何にもないところから、いきなり花茎だけをニョキニョキと出して、パッと花を咲かせるんですから。
花は葉っぱを見たことがないし、葉っぱも花を見たことがないのです。

↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
# by syunkatei-tanba | 2017-09-22 21:00 | 植物 | Comments(2)