赤まんま、白まんま

イヌタデは、日本中どこにでもある、初夏から秋にかけて長く見られる花です。

d0361112_18430363.jpg

別名アカマンマとも呼ばれます。つまり、赤飯です。
子どものままごと遊びに由来する命名で、ほのぼのとしていい名前です。

d0361112_18425494.jpg

そんなアカマンマの中に、白いものを見つけました。いわば、シロマンマ!
お茶椀によそえば、そのまま白米のご飯に見えそうです。

d0361112_18431023.jpg

頭にイヌがつく植物がたくさんありますが、たいてい「役に立たないから」とか「味が悪いから」などと説明されています。
僕が高校生のときの恩師は、イヌがつくのは「どこにでもあるとか、よく見かけるという意味だ」と教えてくれました。
このほうが納得できるものが多いように思います。
第一、「役に立たないからイヌ」っていうのは、ずいぶんイヌに失礼な話です。
古い時代から、人と共に生き、とっても人の生活に役立ってきたイヌなのに…。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-10-09 20:00 | 植物 | Comments(0)