神鍋山噴火口の秋

スキー場で知られる神鍋山は、近畿地方では最も新しい火山です。

d0361112_19012189.jpg

約2万年前に噴火したと考えられており、噴火口のすり鉢状の形がはっきりくっきり残っています。
噴火口の深さは約40m。下まで降りることもできます。噴火口の周囲は約750m。簡単にぐるっと1周できます。

d0361112_19013613.jpg

d0361112_19015038.jpg

この時期、噴火口内部は一面、ススキに覆われていて、秋の景色です。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。



[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-10-17 20:00 | 風景 | Comments(0)