師走の生き物たち・その1

そろそろ冬タイヤに替えようかと思うこの季節になると、さすがに飛び回る昆虫たちの姿も見かけない。
花を咲かせる植物たちも減ってしまう……と思いましたが、
カメラ片手に歩いてみると、案外そうでもないことに気づきます。

d0361112_19182837.jpg

初夏から晩夏によく見かけたブタナが12月になっても花を咲かせています。
ドウダンツツジの真っ赤な葉っぱを背景にブタナの黄色い花を撮っていました。すると…
何と、そこへヒラヒラとモンキチョウが飛んできました。まだいるんだ!モンキチョウ。

d0361112_19183706.jpg

こちらは、角度を変えて、枯れ草を背景にしてみました。
幼虫で越冬して、早春に成虫になることは知っていましたが、かなり遅くまで成虫として頑張ってる個体もいるんですね。
師走の寒風にもめげず、頑張っている生き物たちを紹介していきたいと思います。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
Commented by さゆうさん at 2017-12-03 07:35 x
おはようございます。
12月になってもモンキチョウが飛んでいるとは驚きの温かさです。こちらでは9月下旬で、越冬する蝶以外を見た事が無いです。
Commented by syunkatei-tanba at 2017-12-03 19:39
> さゆうさんさん
ありがとうございます。地球温暖化の影響でしょうか。
12月のモンキチョウはやはり気になります。
by syunkatei-tanba | 2017-12-02 21:00 | 植物 | Comments(2)