師走の生き物たち・その3

先日いただいたコメントで、「帰り花」という言葉を教えていただきました。
小春日和に本来の季節とは異なって咲かせた花のことだそうです。
俳句の世界では「帰り花」は、冬の季語だそうです。新しい言葉をひとつ覚えました。

d0361112_19304892.jpg

このホトケノザも、典型的な「帰り花」でしょう。本来は3~6月頃の花です。
秋に芽生えて、そのまま冬を越し、早春に花を咲かせるのが本来の姿です。

d0361112_19305793.jpg

気の早いホトケノザ…ということで片づけていいんでしょうか?
地球温暖化の進行が気になります。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
Commented by Sissy50 at 2017-12-06 10:49
こんにちは。
この季節にホトケノザは驚きですね!
ホトケノザはとっても好きな花でこの春、染織の作品のための下絵に描きました。
まだ作品にはしていませんが…
でも、今の時期に咲いているのは、ちょっと色々心配になりますね。
「帰り花」という言葉、私も初めて知りました。
勉強になります^^
Commented by syunkatei-tanba at 2017-12-06 16:09
> Sissy50さん
ありがとうございます。
染織の世界も楽しそうですねぇ。自分の知らない世界をのぞかせてもらうのはワクワクします。今後ともよろしくお願いします。
by syunkatei-tanba | 2017-12-05 21:00 | 植物 | Comments(2)