2017年 05月 17日 ( 1 )

ピンからキリ

いま、山で薄い紫色の花が見えると、たいていフジかキリです。
花札では、フジは4月、アヤメが5月で、キリはなんと12月です。
これは、「これっきり」のキリで、単なる最後という意味のシャレなんですね。

d0361112_19261164.jpg

落語会のトリをキリともいい、トリのネタを「切りネタ」といいます。
トリの後にやるのが「大喜利(おおぎり)」なんです。…すみません。キリの花とは無関係な話でした。

d0361112_19262083.jpg

キリの花はどうも撮りにくい花です。
木が高く、その上のほうに花をつけますので、下から見上げるばかりです。

d0361112_19263560.jpg

いつもの散歩コースから少しはずれたところに、キリの花を真横から撮れる場所がありました。
でも、やはり絵になりにくいキリの花です。
「ピンからキリまで」は最初から最後まで、あるいは最高から最低までの意味ですが、なかなか最高!っていう写真が撮れないでいます。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。



[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-05-17 19:46 | 植物 | Comments(0)