2017年 10月 01日 ( 1 )

赤ジソは、葉っぱも花も赤紫色です。これはアントシアン系のシアニジンという色素のためです。
梅干しをつくるときには、この色素が梅干しのクエン酸によって分解され、梅干しに色をつけてくれます。

d0361112_22004762.jpg

シソの香りの成分は、食塩と一緒になると、防腐効果や食中毒の原因細菌の増殖を抑える効果を発揮します。
だから梅干しに、防腐効果や食中毒予防効果があるんですね。食塩の濃度が低いとこの効果はないそうです。
理屈はともかく、昔からその効果がちゃーんとわかっていたってことが素晴らしい。

d0361112_22005912.jpg

d0361112_22172272.jpg

シソにも昆虫たちはいっぱいやってきます。飛んできたのは、キンケハラナガツチバチでしょうか。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-10-01 21:00 | 植物 | Comments(0)