2017年 11月 29日 ( 1 )

晩秋のヒマワリ

もうすぐ12月だというのに、豊岡市日高町上郷では面白い景色が見られます。
熟したカキの木、紅葉した山の木々を背景に、ヒマワリ畑が広がっています。

d0361112_19184785.jpg

ヒマワリ=夏の植物…という常識がみごとに壊されてしまいます。
地元の方が環境保全活動の一環として、休耕田を利用してヒマワリを年2回楽しもうと頑張っておられます。
夏に咲いたヒマワリの種子をもう一度まくと、こうして晩秋にもヒマワリを見ることができるというわけです。

d0361112_19185990.jpg

紅葉した植物を背景に撮ってみました。夏には撮れない光景です。
チャバネセセリがやってきて蜜を吸っておりましたが、動きはかなりゆっくりでした。

d0361112_19191007.jpg

氷ノ山の初冠雪からもう2週間以上が過ぎました。
そんな季節に、まだつぼみのものもありましたので、ひょっとすると、雪をかぶっているヒマワリを見ることができるかも。
平地に初雪が降ったら、また訪ねてみようと思います。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-11-29 21:00 | 植物 | Comments(0)