<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

アジサイの仲間です

きょうは夏越。1年の半分が終わりました。はやいです。
夏越の1枚は、アジサイの仲間のイワガラミです。
6月12日付の「したたかな戦略」で紹介したツルアジサイと同じような姿で同じような生き方をしています。

d0361112_19161063.jpg

大きな樹木、岩、何にでも絡みついて、よじ登っていくつる植物です。

d0361112_19163986.jpg

遠くから見るとツルアジサイとそっくりですが、近づいて花を見ると違いはすぐにわかります。
まわりの装飾花の花びらのように見えるがくが、ツルアジサイは4枚ですが、イワガラミは1枚だけです。

d0361112_19162880.jpg

d0361112_19161943.jpg

梅雨空で陽が射しませんので、ほんわかとした写真になりました。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-06-30 21:00 | 植物 | Comments(0)

やっと梅雨らしく

梅雨入りと発表された日以来、こちらではほとんど雨が降らなかったのですが、
きのう、きょうと、やっと降りました。少しまとまった雨は何日ぶりでしょう。

d0361112_21271265.jpg

災害が起こるほど降らなくてもいいんです。でも、ある程度まとまった雨が降ってくれないと…。

d0361112_21272448.jpg

アマガエルも喜んでいることでしょう。田畑の作物も喜んでいますよ、きっと。
モリアオガエルの卵塊はどうなったでしょう。また、見に行ってみようと思います。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-06-29 22:00 | Comments(2)

たくさん集まれば

通勤の車から見える林の中で、いまいちばん目立つのはミズキです。白い花を咲かせています。

d0361112_19184341.jpg

ミズキは階段状に枝が伸びる特徴的な樹形なので、車で走りながらでも他の樹木と区別できます。

d0361112_19182137.jpg

小さな白い花が密集して咲きます。花びら4枚、長い雄しべが4本です。

d0361112_19183269.jpg

ミズキは日本の在来種。
アメリカからやってきたハナミズキのような大きな花ではありませんが、小さな花が集まって遠くからでも目立ちます。
一つひとつは小さくても、たくさん集まれば大きな力になる…何かの例えに使えるようなミズキの花です。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-06-28 21:00 | 植物 | Comments(2)

揺れる百合

畑の脇に植えたスカシユリが1本だけ、豪華な花を咲かせました。
もちろん野生のものではなくて、園芸品種です。

d0361112_15203296.jpg

美人の形容に「歩く姿は百合の花」といいますが、風で揺れるユリの花の美しさを指すのでしょう。
本来の野生のスカシユリは、鑑賞目的や食用目的で採集され、数が減っています。
そこへシカの食害も加わって、ますます危うい状況です。

d0361112_15204354.jpg

その一方で、園芸品種は次々とつくられているようです。
野生のトラよりも動物園のトラのほうが個体数が多いそうですが、ユリもそうならないかと心配です。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-06-27 21:00 | 植物 | Comments(0)

ナンテンの受難

ナンテンの花が咲きました。もともとは中国原産だそうですが、日本で自生しています。
「難を転ずる」ということで縁起がいいので、庭にもよく植えられています。

d0361112_21112443.jpg

ナンテンの花は小さくて可愛らしいです。徳利のような形の雌しべのまわりに6本の雄しべ、6枚の花びらがあります。
この小さな花に大きなクマバチがやってきました。脚に花粉をいっぱいつけています。

d0361112_21113713.jpg

クマバチがやってくると、その勢いで花びらや雄しべが散ってしまいます。

d0361112_21115037.jpg

クマバチはナンテンが大好きみたいです。けれど、クマバチに抱きつかれたナンテンがちょっと気の毒です。
受粉の役には立っているのでしょうが、ナンテンの花にはクマバチは大き過ぎます。受難のナンテンです。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-06-26 21:55 | 植物 | Comments(0)

毒を矯める

ドクダミの「ダミ」って、ダミ声(濁声)のダミだと思ってました。
「毒」で「ダミ」ですから、かなりマイナスイメージです。私の勝手な思い込みですが。

d0361112_19521677.jpg

でも、違うんですね。「矯(た)める」(=形を整える。悪いところを直す)からきているのだそうです。
毒を矯める、つまり、細菌やウイルスを抑制する有効成分がいっぱい含まれていて、薬になるよ!っていうことなんだそうです。
名前の由来を知るとちょっとイメージが変わるから面白いです。

d0361112_19524706.jpg

でも、ドクダミは畑や庭に生えるとやっかいです。引き抜こうとしても切れて地下茎が残ってしまいます。
地下茎が残っていると、そこからまた生えてきます。生命力が旺盛です。
ツルハシを使って深く掘って根っこから完全に取り除かないとなかなか退治できません。

d0361112_19514696.jpg

ドクダミの4枚の白い花びらのようなものは総苞片で、いわば、花びらのイミテーション。その上にたくさんの花が集まっています。
1つひとつの花には花びらもがくもなく、雄しべと雌しべがあるだけ。黄色いのが雄しべの葯です。
たくさんの小さな花が集まって、1つの花のような姿をつくり出しています。

d0361112_19511794.jpg

薄暗い林床で見ると、真っ白なイミテーション花びらが魅力的です。
たくさんのドクダミがまとまって咲いていると、綺麗だなぁとも思います。
でも私には、やっぱり、畑や庭のドクダミから来るマイナスイメージがなかなかぬぐえません。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-06-25 21:00 | 植物 | Comments(0)

花を撮っていると、チョウにもよく出会います。
きょうは、よく見かけるチョウの写真です。珍しいものではありません。どこにでもいるチョウたちです。

d0361112_20324188.jpg

ブタナとモンキチョウ。
モンキチョウの幼虫の食草はシロツメクサなどのマメ科植物です。
道端でも畑でも牧草地でもマメ科植物はいっぱいあります。食草がどこにでもあるから、モンキチョウはどこにでもいます。

d0361112_20315285.jpg

ノアザミとキアゲハ。
キアゲハの幼虫の食草はセリ科の植物です。これもあちこちにありますから、キアゲハの分布域が広いんです。
畑やプランターにもあります。ニンジン、ミツバ、パセリなどもセリ科です。

d0361112_20314392.jpg

ブタナとモンシロチョウ。
モンシロチョウの幼虫の食草はアブラナ科。アブラナ、キャベツ、ブロッコリーなど、野菜にはアブラナ科の植物がたくさん。
日本には、奈良時代にダイコンの栽培とともに入ってきたそうです。

モンキチョウも、キアゲハも、モンシロチョウも、ヒトが農地を拡大し、農作物を栽培することで分布の範囲を広げてきたのです。
ヒトとともに生きてきたチョウたち。身近なわけです。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-06-24 21:21 | 昆虫類 | Comments(0)

日陰が好きなサボテン

孔雀仙人掌と書きます。クジャクサボテンです。漢字で書くと読みにくいです。
仲間に月下美人があります。こちらはゲッカビジンとカタカナで書くより漢字のほうがわかりやすいようです。

d0361112_20073990.jpg

サボテンだから砂漠の植物だろうと思ってたら、違うんですね。
熱帯多雨林(ジャングル)の大きな樹木にくっついている着生植物なんだそうです。
名前だけ聞くと直射日光の当たるところに鉢を出してやりたくなりますが、日陰のほうがいいみたいです。

d0361112_20075357.jpg

あすには咲くのかなぁと思うつぼみがたくさん。
月下美人は夕方に咲き、翌朝にはしぼんでしまいますが、クジャクサボテンは夕方から翌日の午後もずっと咲いていました。

d0361112_20080425.jpg

クジャクサボテンの花をズームアップ。
タコの足のような雌しべも面白いのですが、花の奥からスーッと伸びてくるたくさんの雄しべの葯にピントを合わせてみました。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-06-23 21:00 | 植物 | Comments(0)

通勤の帰路、いつもの通勤コースからちょっと外れた脇道に入ってみると、面白い発見があります。
周りに人家のない石垣がトケイソウで覆われているところを見つけました。
以前、誰かが植えたのでしょうが、特に手入れをしているとは思えない場所にトケイソウがいっぱい。

d0361112_20272398.jpg

熱帯原産の植物が寒い冬にも耐えて殖えているのですから、かなり繁殖力の強い植物です。

d0361112_20270259.jpg

江戸時代の初期に日本に入ってきたそうです。
Wikipediaによると、「和名は3つに分裂した雌しべが時計の長針、短針、秒針のように見えることに由来する」とあります。
でも、それっておかしくないかなぁ。江戸時代の和時計は、短針も秒針もなかったはず。
日の出の時刻(明け六つ)と日の入りの時刻(暮れ六つ)を基準に、昼と夜をそれぞれ6等分してたから、和時計の針は1本です。

d0361112_20271235.jpg

花びら5枚、がく5枚。同じような色をしているので、花びらが10枚に見えますが、10という数も時計とは無関係です。
花びらと雄しべの間にある濃い紫色と白色と青色の花副冠が時計の文字盤のように見えることからの命名だと、私は思うのですが…。

そういえば、きのうが夏至。これからだんだん日が短くなっていきます。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-06-22 21:30 | 植物 | Comments(0)

小判ザックザック

5月には緑色だったコバンソウが褐色になってきました。

d0361112_19294530.jpg

黄金色というのはもう少し黄色っぽいのでしょうか。
でも、緑色よりこの色の方がコバンソウという名にふさわしいと思い、この色になるのを待って撮りました。
垂れ下がっている1つの小穂は16個前後の小さな花の集まりです。

d0361112_19295874.jpg

アップすると、短い毛がたくさん生えています。この毛が独特の光沢をつくり出すようです。
いま、道端にはコバンソウがいっぱい。小判ザックザックです。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-06-21 21:00 | 植物 | Comments(2)