<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

秋晴れの空の下、キンモクセイの香りが漂ってきます。
次に雨が降れば、いっきに散ってしまうのでしょう。束の間の香りを楽しみたいものです。
昔は、汲み取り式の便所の匂いを和らげるために、便所のそばによくキンモクセイが植えられていました。
そのイメージからか、トイレの芳香剤にキンモクセイの香りがよく使われていた時代があります。
そのため長い間、その香りがトイレと結びついていたのですが、最近、ようやくその呪縛から解放されたように思います。

d0361112_19233612.jpg

そもそもキンモクセイは何のために強烈な香りを放つのかというと、おそらく花粉を運ぶ昆虫を招くためだと思います。
鮮やかな黄色はアブやハチたちにアピールし、香りは夜行性のガにアピールするのではないかと思います。

d0361112_19234661.jpg

しかし、キンモクセイには雄株と雌株があって、中国から日本に持ち込まれたのは雄株だけだったようです。
雄株のほうがたくさん花をつけ、見栄えが良かったのでしょう。そして、挿し木でどんどん殖やされました。
だから、日本のキンモクセイは雄株ばかり。花には雄しべしかありません。

d0361112_19235676.jpg

つまり、日本のキンモクセイたちは、一生懸命香りを放って、昆虫たちを呼び寄せても受粉することはないのです。
なんと気の毒な話でしょう。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-09-30 21:00 | 植物 | Comments(2)

きょうは笑福亭福笑師匠の落語「千早振る」から…

●わたい、いまね、ヒャクニンヒトクビっちゅうのに凝ってまんねん
〇ヒャクニンイッシュ・・・百人一首や。ヒャクニンヒトクビて、生々しい
●さよか…。わたいの一番好きな歌が、オノコチョウの歌!
〇オノコチョウ? あ、オノノコマチ・・・小野小町や
●…その次に好きなのが、キヨシショウノゲン!
〇セイショウナゴン…清少納言! キヨシショウノゲンて、ゲンノショウコみたいに言うたらいかん!

ここでゲンノショウコを引っ張り出してくるあたりが福笑師匠の言葉の選択の巧みなところ。
ゲンノショウコって名前、妙に堅苦しくて笑えます。「現之証拠」ですからね。

d0361112_18493260.jpg

どんなイカツイ植物かと思えば、直径1cmちょっとの、こんな可愛らしい花です。
西日本では赤紫色が多く、東日本では白色が多いのだそうです。我が家の近所では赤紫色ばかりです。

d0361112_18494363.jpg

下痢止めの薬草として、煎じて飲めばすぐにその効き目を実感するということからの命名のようですが、
やっぱり妙に笑えます。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-09-29 21:00 | 植物 | Comments(0)

童謡「赤とんぼ」は、このアキアカネを歌ったものです。

d0361112_15224733.jpg

桂文枝師匠の創作落語「赤とんぼ」の中に、童謡好きの部長とその部下のこんなやりとりがあります。
●「♪夕焼けぇ小焼けぇの赤とんぼぉ~、おわれてみたのは~いつの日ぃか~…意味、わかるか?」
〇「借金取りに追われたんですか?」
●「違うがな。守り姉ぇやに負われてや」
…恥ずかしながら、僕も子どもの頃、同じような勘違いをしておりました。
てっきり、赤とんぼが子どもを半分からかいながら、追われてみてやったのだと。

d0361112_15223685.jpg

童謡は、歌詞を読まずに、聴いて覚えるものですから、いろんな誤解を生じるようです。
童謡に歌われるほどどこにでもいたアキアカネがここ20年間ほどで、激減しているそうです。
子どもたちが「赤とんぼって何?」なんて言うことだけは避けたいものです。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-09-28 21:00 | 昆虫類 | Comments(4)

アキノノゲシをヒガンバナを背景にして撮ってみました。
アキノノゲシの淡い黄色がとっても引き立つような気がします。

d0361112_19303273.jpg

アキノノゲシにミツバチがやってきて、蜜を頂戴しています。からだは花粉まみれです。

d0361112_19302225.jpg

よほど美味しいのでしょうか。アキノノゲシの花から花へと飛び回っておりました。

d0361112_19300977.jpg

アキノノゲシの花の中央の黄色い部分は紫外線を吸収し、まわりの淡い黄色の部分は紫外線を反射します。
ミツバチは紫外線が見えますので、中央は黄色に、まわりは紫外線色+淡い黄色に見えているわけです。
これは、ネクターガイドと呼ばれています。「ここに蜜がありますよ!」という印です。
人間には見えない視覚領域で、ミツバチとアキノノゲシがコミュニケーションをしています。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-09-27 21:00 | 植物 | Comments(2)

昆虫たちもソバが好き

7月上旬に種まきが行われた蕎麦畑で、いま、ソバの花が満開です。
風で揺れるソバの白い花。涼しげです。雄しべの葯が赤くてとっても可愛らしい花です。

d0361112_20155048.jpg

d0361112_20211272.jpg

イネ、ムギ、アワ、キビ、…穀物は単子葉類のイネ科の植物が多いのですが、ソバはタデ科。双子葉類です。

d0361112_20160465.jpg

ソバの花は自家受精をしません。必ず他家受粉です。しかも、他の個体なら何でもいいというわけではありません。
ソバの花には、雌しべが雄しべより長い「長花柱花」と、雌しべが雄しべより短い「短花柱花」があり、
「長花柱花」と「短花柱花」の組み合わせでないと受精しないという、けっこう面倒なしくみになっています。

d0361112_20153899.jpg

花粉を運んでくれるのは昆虫たちです。そこで、ソバは美味しい蜜を用意して、昆虫たちを招いています。

d0361112_20152719.jpg

蕎麦畑にいると、スズメバチ、クマバチ、ミツバチ、アゲハチョウ、キチョウ、セセリチョウ、…
いろんな昆虫たちを見ることができます。小さな虫たちをねらって肉食のナナホシテントウもやって来ます。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-09-26 21:00 | 植物 | Comments(4)

秋の味覚・丹波栗

たわわに実ったクリの木の下にヒガンバナ。篠山では見慣れた秋の風景です。

d0361112_19232079.jpg

丹波栗は大きくて甘いので、クリの王様と言っていいでしょう。黒豆と並ぶ篠山の特産品です。

d0361112_19234141.jpg

いがの中にある栗の実は、正確にいうとクリの果実であって、種子ではありません。

d0361112_19233152.jpg

茶色の硬い皮の内側に渋皮がありますが、これが種皮。つまり、渋皮から内側が種子ということになります。
まぁ、果実のほとんどが種子ということなのですが…。で、その種子のほとんどは子葉で、将来の双葉になる部分です。
クリは胚乳ではなく子葉に栄養を蓄えるんです。僕らはその子葉を美味しく頂戴しているというわけです。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-09-25 21:00 | 植物 | Comments(0)

秋の七草・その4

花札の中で一番好きな札が「二十坊主」です。ススキの山に満月が昇った風景が描かれた、あれです。
雁の飛ぶ十坊主と合わせて、三十坊主が取れたら、たとえ負けてても嬉しい気分になれます。

d0361112_19353783.jpg

二十坊主の札は、満月のまわりが真っ赤ですが、あれは夕焼けの風景なんでしょうねぇ。
月でも太陽でも、とにかくススキは逆光で撮るのに限ります。

d0361112_19354941.jpg

フサフサとした穂先が銀色に輝き、風情があります。きょうは夕方の西日で撮ってみました。
もっと紅葉が進んだら、ススキを入れた秋の風景写真も撮ってみたいと思います。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-09-24 21:00 | 植物 | Comments(0)

高校生の頃に故・日高敏隆先生の「チョウはなぜ飛ぶか」という本に出会いました。

d0361112_20053320.jpg

トンボのように直線的に移動するのが最も効率的な飛び方です。空中でホバリングもできるトンボは飛行の名人です。
その点、チョウはヒラヒラと飛び回り、効率の悪い、不器用な飛び方をします。
しかし、この飛び方で、チョウは異性と出会う可能性を広げているんですね。
キアゲハの雄は独特の香りを放ちます。雌にアピールする香水をばらまきながら飛んでいます。
直線的に飛ぶよりも、はるかに効果的に雌の視覚と嗅覚に訴えるわけです。
でも、それはチョウを狙う鳥の眼にもとまります。
しかし、鳥がチョウを捕えるのは大変です。トンボと違って次の瞬間にどこにいるのか予測できないからです。
チョウの不器用な飛び方が、実は素晴らしい適応の結果なのだと知ったときの感動。
何だかとっても嬉しかったのを覚えています。

d0361112_20054329.jpg

大学卒業後、日高敏隆先生と一緒に仕事をさせてもらいました。
そして、高校生のときの感動を先生にお話ししたとき、先生がとっても嬉しそうにされたのを思い出します。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-09-23 21:00 | 昆虫類 | Comments(0)

名の通り、毎年ちゃんと彼岸の頃に咲くから面白いです。
我が家の周辺で、今年最初にヒガンバナの咲いた花を見たのが9月18日でした。
それから4日経って、いまがいちばんの見頃だと思います。
明日が彼岸の中日です。これを過ぎると、花がちょっと傷んできます。

d0361112_19434259.jpg

ヒガンバナは3n(三倍体)ですので、種子ができません。だから、すべて人為的に株分けをして植えられたものです。
田んぼのまわりにヒガンバナが植えてあるのは、モグラが畦に穴を開けることを防ぐためのようです。
ミミズがヒガンバナの毒を嫌い、ミミズがいないとモグラが来ないというわけです。

d0361112_19435389.jpg

稲穂を背景にヒガンバナを撮ってみました。

d0361112_19440240.jpg

真上から見ると、面白い形をしていますし、ほんとに不思議な花だなぁと思えてきます。
葉も何にもないところから、いきなり花茎だけをニョキニョキと出して、パッと花を咲かせるんですから。
花は葉っぱを見たことがないし、葉っぱも花を見たことがないのです。

↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-09-22 21:00 | 植物 | Comments(4)

棚田の稲刈り

「日本の棚田百選」にも選ばれている香美町小代区貫田の「うへ山の棚田」に行ってきました。
ほとんど休耕田がないことが「日本の棚田百選」に選定されている大きな理由ですが、
高齢化が進む地区で休耕田が少ないのは、若い人たちが頑張っているからです。
地元の村岡高校の生徒と先生たちも頑張っています。

d0361112_21352161.jpg

「総合的な学習」の時間を利用して、5月に田植えをした田んぼに入り、きょうは稲刈りです。
まわりの田んぼは先日の台風18号がやってくる前にすでにほとんど収穫を終えていました。

d0361112_21353420.jpg

刈り取ったイネは高校に持って帰って、高校のフェンスに干すのだそうです。
自分たちで収穫したイネが校内に干してある高校!…いいですね。農業高校ではなく普通科の高校です。
これこそ地域に根ざした教育。生徒たちは多くのことを感じ、体験的に学んでいます。

↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-09-21 22:20 | 風景 | Comments(0)