童謡「赤とんぼ」は、このアキアカネを歌ったものです。

d0361112_15224733.jpg

桂文枝師匠の創作落語「赤とんぼ」の中に、童謡好きの部長とその部下のこんなやりとりがあります。
●「♪夕焼けぇ小焼けぇの赤とんぼぉ~、おわれてみたのは~いつの日ぃか~…意味、わかるか?」
〇「借金取りに追われたんですか?」
●「違うがな。守り姉ぇやに負われてや」
…恥ずかしながら、僕も子どもの頃、同じような勘違いをしておりました。
てっきり、赤とんぼが子どもを半分からかいながら、追われてみてやったのだと。

d0361112_15223685.jpg

童謡は、歌詞を読まずに、聴いて覚えるものですから、いろんな誤解を生じるようです。
童謡に歌われるほどどこにでもいたアキアカネがここ20年間ほどで、激減しているそうです。
子どもたちが「赤とんぼって何?」なんて言うことだけは避けたいものです。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-09-28 21:00 | 昆虫類 | Comments(4)