タグ:但東町 ( 3 ) タグの人気記事

続・田んぼアート

豊岡市但東町の田んぼアートの続編です。
シルク温泉「やまびこ」の前の田んぼには、豊岡市らしく「コウノトリ」が描かれています。

d0361112_18365906.jpg

昨年は左向きに飛ぶコウノトリでしたが、今年は逆方向で右肩上がりです。
白色、黒色、赤紫色の古代米とコシヒカリで描かれています。もっと高いところから見たいなぁ。

d0361112_18371123.jpg

近くの平田の田んぼには「ねこ」。こちらは手前に防獣柵があり、オリに入ったネコみたい。
もっと上空から見たいのですが、ドローンでも使わない限り無理みたいです。
秋に稲穂が実ると、また違った色になります。稲刈りの前に、もう一度来たいと思います。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。



[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-07-09 21:00 | 風景 | Comments(0)

田んぼアート

豊岡市但東町では4か所で田んぼアートを見ることができます。
その中の1つ、楽音寺の前の田んぼに描かれたのは「シマウマ」。

d0361112_18015029.jpg

コシヒカリと古代米で描かれています。緑色、白色、黒色、赤紫色もあります。

d0361112_18023565.jpg

楽音寺の階段を上ると、石仏が田んぼアートを見下ろしておりました。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-07-07 21:00 | 風景 | Comments(0)

清楚な一日花

豊岡市但東町相田の安国寺からちょっと奥に入った林の中にかなりまとまったナツツバキ群落があります。
相田神社の前の案内板には300本と書かれていますが、ほんとうかなぁ。でも、たくさんあることは間違いないです。

d0361112_19040269.jpg

ナツツバキは別名を沙羅樹(シャラノキ)とも言います。
お釈迦様が沙羅双樹(サラソウジュ)の下で涅槃に入ったとされていますが、日本ではナツツバキがその沙羅双樹と誤認されたそうです。
ホンモノの沙羅双樹は熱帯の樹木なので、日本の野外では育ちません。
そんな関係で、ナツツバキはお寺によく植えられています。安国寺の階段の脇にも庭にも植えられています。

d0361112_19041615.jpg

安国寺の奥のナツツバキ群落は自生したものか? それとも植えられたものか?
よくわかっていないようですが、自生したものであって欲しいなぁと思います。

d0361112_19035008.jpg

ナツツバキは、ツバキ科の植物。花は白色ですが、ツバキとよく似ています。花の寿命は1日。
ツバキと同じように、花全体がボテッと落ちてしまいます。

d0361112_19042765.jpg

葉っぱの形も似ているのですが、ツバキのような分厚くテカテカした葉っぱではありません。
ツバキは照葉樹(常緑広葉樹)の代表ですが、ナツツバキはツバキ科の中では珍しい落葉樹なんです。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-07-03 21:00 | 植物 | Comments(0)