イネ科花粉症の代表

イネ、ムギなど、イネ科の植物は我々の生活に欠かせないものですが、花は目立ちません。
風媒花なので、昆虫たちにアピールする必要がないからです。でも、ちゃんと花を咲かせます。
いま、道端にカモガヤの花が地味に満開です。

d0361112_19044386.jpg

黄色いのは雄しべの葯です。ここに花粉がいっぱい詰まっていて、風で飛散します。
風媒花だからこそ、この花粉が花粉症の原因になります。カモガヤ花粉症の人は、スギ、ヒノキに次いで3番目に多いのだそうです。
カモガヤの花を見ると、雄しべの葯が紫色のものも見られます。
黄色の葯に比べて紫色の葯は元気がないように見えます。おそらく花粉を飛ばし終わった後なのでしょう。

d0361112_19045454.jpg

僕は花粉症ではありませんが、たくさんのイネ科花粉症の方に迷惑をかけているカモガヤです。
明治時代にヨーロッパから牧草として持ち込まれ、これが野原に広がったようです。
サル、イヌ、ネコにも花粉症があるそうです。ウシは、カモガヤが大好きなようですが、花粉症にならないのでしょうか。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-05-24 19:36 | 植物 | Comments(0)

朝から夕化粧

昨日の朝、道端でユウゲショウの花を見つけました。
オシロイバナの別称とまぎらわしいので、アカバナユウゲショウともいいます。

d0361112_18351070.jpg

夕化粧。雅な、ちょっと艶っぽい名前です。
その名前から、日本の固有種かと思えば、明治時代にやってきた南米原産の帰化植物だそうです。

d0361112_18352405.jpg

夕方に開花することからユウゲショウと呼ばれるそうですが、この通り、朝日の中で開花していました。
なんだか名前から連想することと実態が一致しない花です。

d0361112_18353468.jpg

別の角度から撮り直したいと思って、今朝、同じ場所に行ったら、昨日のうちに、草刈り機ですっかりきれいに刈り取られていました。
撮るときには徹底的に撮っておかねば…。反省。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。



[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-05-23 18:59 | 植物 | Comments(0)

日陰で生きる知恵

ユキノシタの花が満開です。

d0361112_16175434.jpg

葉っぱを天ぷらにしたら美味しいといいます。どこかの料亭で頂戴したこともあります。
でも、残念ながらそれほど美味しい!とは思いませんでした。
みんなが美味しいと思うなら、ワラビのようにたくさんの人が採りに行くはずですよね。

d0361112_16174637.jpg

我が家の庭にもありますが、食用というよりは実験用です。浸透圧の実験に使います。
葉の裏側の表皮細胞の液胞にアントシアンが含まれていて、原形質分離を観察するのにちょうどいい材料なんです。
とっても繁殖力が旺盛ですが、毎年実験用に間引いているので、適度な密度を保っています。

d0361112_16184702.jpg

北側向きの石垣とか樹木の下など、日陰になりやすいころに生育しています。
花をよく見ると、5枚の花びらのうち下側の2枚が長くてリボンのようでとってもかわいいんです。
日陰でも、きっと昆虫の目につきやすいのだと思いますし、下側の長い花びらは昆虫に足場を提供しているのかもしれません。

d0361112_16172571.jpg

葉の裏が赤いのは、日陰でも光合成を効率よく行うのに役立っているようです。
光合成に有効な赤い光を、葉の裏側の表皮で反射させて、葉肉の葉緑体に表からも裏からも効率よく当てようということなのでしょう。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-05-22 18:22 | 植物 | Comments(0)

利己主義ではありません

昨日に続いて、我が家の庭木の写真です。いま満開のエゴノキ。

d0361112_18525240.jpg

花が白いのが一般的ですが、我が家のエゴノキはピンクの品種です。
長い花柄が下に垂れて、見上げると花がみんなこちらを向いています。

d0361112_18530459.jpg

クマバチやミツバチが朝から夕方まで花を訪れ、蜜を吸い、花粉を運んでいきます。

d0361112_18531646.jpg

実がなる秋には、ヤマガラが来てくれます。
果実を食べるとえぐいからエゴノキだそうですが、昆虫や鳥たちの生活を支えています。
けっしてエゴな木ではありません。101.png


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-05-19 19:17 | 植物 | Comments(0)

法師の頭巾

我が家のヤマボウシが今年もたくさん花をつけました。
下から見上げてもいいですが、2階のベランダから見るのがいちばん綺麗だと思います。

d0361112_22043450.jpg

白く花びらのように見えるのは、実は、総包片といって花のつけねのところの葉っぱです。
だから、はじめは薄い黄緑色をしていますが、だんだん白くなってきます。
この総包片から法師の頭巾を連想して、ヤマボウシ(山法師)。
花はその中央に球状にたくさん集まっています。

d0361112_22050078.jpg

初秋には、赤い果実ができます。
天国にいった愛犬ランは、ヤマボウシの果実が大好きでした。
熟して落ちた果実を喜んで食べたものでしたが、昨夏、果実が熟す前に旅立ってしまいました。

d0361112_22044943.jpg

花も実も、そして紅葉も綺麗な樹木です。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-05-18 22:19 | 植物 | Comments(0)

ピンからキリ

いま、山で薄い紫色の花が見えると、たいていフジかキリです。
花札では、フジは4月、アヤメが5月で、キリはなんと12月です。
これは、「これっきり」のキリで、単なる最後という意味のシャレなんですね。

d0361112_19261164.jpg

落語会のトリをキリともいい、トリのネタを「切りネタ」といいます。
トリの後にやるのが「大喜利(おおぎり)」なんです。…すみません。キリの花とは無関係な話でした。

d0361112_19262083.jpg

キリの花はどうも撮りにくい花です。
木が高く、その上のほうに花をつけますので、下から見上げるばかりです。

d0361112_19263560.jpg

いつもの散歩コースから少しはずれたところに、キリの花を真横から撮れる場所がありました。
でも、やはり絵になりにくいキリの花です。
「ピンからキリまで」は最初から最後まで、あるいは最高から最低までの意味ですが、なかなか最高!っていう写真が撮れないでいます。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。



[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-05-17 19:46 | 植物 | Comments(0)

これが何万円?

近所の川沿いの石垣が黄色い花で覆われています。
葉は黄緑色、花は明るい黄色なので、石垣が明るく見えます。

d0361112_20064483.jpg

近づいてみると星形の可愛い花。
常緑ですので、冬でも黄緑色です。繁殖力も旺盛で、多肉なので乾燥にも強そうです。

d0361112_20092255.jpg

そのためでしょうか、ネットでこの花が売られていることを知りました。
20本で10800円なんて表示もありました。驚きです。
我が家の近所の川沿いに何百万円もあります102.png


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-05-10 20:34 | 植物 | Comments(0)

雉の草隠れ

朝の散歩していると、休耕田の草むらからケーン!と大きな鳴き声。
「雉も鳴かずば撃たれまい」のことわざ通りで、鳴くからその存在に気づきます。
僕がカメラを構えて近づくと、↓この姿勢。

d0361112_15331621.jpg


本人はこれで隠れているつもりのようです。
まさに「雉の草隠れ」。「頭隠して尻隠さず」と同義です。
さらに近づくと、頭を上げてケーンと声を上げました。

d0361112_15332747.jpg


周辺に雌は見当たりません。雄が縄張りを守っているのでしょう。
もっと近づくと、走り出しました。
全身が見えます。綺麗です。さすが国鳥。

d0361112_15333648.jpg


さらに近づくと、キジは畑仕事中のおじさんに近づいていきました。
少し抜けているような、愛嬌のある鳥です。


d0361112_15342553.jpg



たいていの国では、国鳥は天然記念物に指定されていて狩猟が禁止されています。
国鳥を狩猟可としている日本。見直して欲しいなぁと僕は思います。
もっとも、フランスの国鳥はニワトリなんですが…。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。とても励みになってます。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-05-07 15:56 | | Comments(0)

猫の目に見える?

道路沿いだけど、山からの湧水がチョロチョロ流れている所があって、そこにネコノメソウを見つけました。

d0361112_19024019.jpg

黄緑色の葉で、花の近くの葉は黄色くなっているので、とてもよく目立ちます。
これが4月7日のネコノメソウ。

d0361112_19021500.jpg

でも、なんでネコノメソウ? どこが猫の目?
答えは、1か月後にわかりました。
これ↓が最近のネコノメソウです。

d0361112_19022356.jpg

果実が熟して、縦に裂け、褐色の種子が並んでいます。
次に雨が降ると、この種子が流れ出すことでしょう。

d0361112_19023271.jpg

猫の目の見えますか?


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。とても励みになってます。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-05-06 19:13 | 植物 | Comments(0)

史前帰化植物のロマン


シャガは群落をつくる植物ですが、こんなシャガの大群落を僕は他に知りません。
養父市八鹿町八木の国道9号線から今滝寺方面へ車1台が通れる細い道を約1.2kmくらい入っていくと、
道の両側の山の斜面にシャガの大群落が現れます。
全体を1枚の写真でとらえられないのが残念です。

d0361112_19183702.jpg


シャガの学名は、Iris japonica。つまり、「日本のアヤメ」ということなんですが、
かなり古い時代に中国から入ってきたものと考えられています。
お寺の近くに多いので、日本で広がったのは仏教と関係があるのかもしれません。
しかし、仏教の伝来よりももっと古い時代に日本に入ってきた「史前帰化植物」です。

d0361112_19185398.jpg


ところが、日本のシャガはすべて三倍体で、種子ができません。だから、すべてクローンです。
つまり、中国から種子を持ち込んだのではなく、誰かが中国からシャガの生きた株を、生きたまま持ち込んだのです。
大昔に、いったいどうやって運んだのでしょうか? 太古のロマンです。

d0361112_19210681.jpg


それにしても、今滝寺の下のシャガの大群落は素晴らしい景観です。
すごい観光資源だと僕は思うんですがねぇ。

d0361112_19211829.jpg


  ↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。


人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-05-02 20:03 | 植物 | Comments(0)