紅葉も黄葉も、橙葉も



色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り

高校の校内に何本かのケヤキがありますが、秋の葉っぱの色にはそれぞれ個性が見られます。

d0361112_19220909.jpg

黄葉という表現がぴったりの黄色くなる個体もありますし、紅葉と言っていいくらいの赤色になる個体もあります。
「橙葉」なんて言葉はないですが、そう呼んでいいような黄色と赤色の中間色の個体もあります。
また、紅葉も黄葉もせず枯れて落ちるものもあります。
毎年、同じような色になりますので、これは気温や日当たりよりも、どうやら遺伝的なもののようです。

d0361112_19214324.jpg

校内のケヤキの中で、いちばん好きなのがかなり大木の、このケヤキです。
強い日射しの夏の日、このケヤキの下で吹奏楽部の生徒がサックスを吹いていたりすると、なかなか絵になります。
ほかのケヤキがほとんど葉っぱを落としたいまも、立派に橙色の葉っぱをつけています。

d0361112_19394660.jpg

南側の葉っぱは橙色ですが、北側や下側の葉っぱにはまだ緑色が残っているものもあります。
何色になるかは遺伝的に決まっていても、進行の速度は環境の影響を受けるようです。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-11-21 21:00 | 植物 | Comments(0)

氷ノ山の登山口のシラカンバ(白樺)が黄葉して、散っていきます。
でも、なぜ、ここにシラカンバなのでしょう?

d0361112_19415673.jpg

シラカンバの西限は福井県です。兵庫県にシラカンバは自生しません。だから、これは植えたものです。
だれが植えたのか知りませんが、なぜ、氷ノ山に上高地や軽井沢の雰囲気を持ってこようとするのでしょう?
氷ノ山には、氷ノ山に自生する植物があります。その土地の本来の植生を生かした観光を考えて欲しいものです。

d0361112_19425321.jpg

それを知ってか、知らずか、ヤドリギが寄生し、シラカンバの栄養を吸い取っています。
ヤドリギは常緑樹。自ら光合成ができるのに、宿主の幹に根をはって栄養を横取りします。
ヤドリギはいろんな樹木に寄生します。けれど、ヤドリギは宿主を枯らせてしまうようなことはありません。

d0361112_19430404.jpg

殺さずに栄養を吸い取る…何やら、コワイ組織に通じるものがあります。
以前、「やどりぎ」という居酒屋の看板を見つけました。オーナーは、この植物の生態を知っておられるのでしょうか?
きっと、「とまりぎ」と誤解しておられるんだろうなぁと想像しているのですが、真偽のほどはわかりません。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-11-07 21:00 | 植物 | Comments(0)

サルスベリの黄葉

サルスベリは「百日紅」と書くくらい、長く花を咲かせて楽しませてくれる植物です。
花が終わっても、今度は葉っぱで目を楽しませてくれます。

d0361112_20384962.jpg

サルスベリは、黄葉する場合と紅葉する場合があるようです。
葉緑体の中の緑色のクロロフィルが分解し、キサントフィルなどの黄色の色素が目立つようになると黄葉。
そして、液胞の中の糖がアントシアニンという赤色の物質に変わってくると紅葉です。

d0361112_20385751.jpg

日当たりと温度、寒暖の差などが微妙に影響するのでしょう。
紅葉もいいですが、黄葉もまたヨシ!です。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-11-03 21:00 | 植物 | Comments(0)

阿瀬渓谷の秋

豊岡市日高町の阿瀬渓谷に行ってきました。

d0361112_20041583.jpg

大小たくさんの滝があり、ハイキングコースになっていて、この時期、訪れる方が多いようです。
多いといっても、同じようにカメラを持って歩いている方に、たまに出会う程度です。

d0361112_20042545.jpg

車で行けるところまで行って、15分ほど歩くと、源太夫滝があります。
まわりの木々が紅葉、黄葉を始めていますが、まだ少し、早かったみたい。

d0361112_20043556.jpg

11月12日に「紅葉まつり」が予定されていますので、その頃が見頃かもしれません。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-11-02 21:00 | 風景 | Comments(0)

ポプラの黄葉

学校によく植えられている樹木というのがあります。
サクラ、マツ、イチョウ、…それぞれに理由があります。
ポプラも学校に比較的よく植えられている樹木だと思います。
天に向かって真っ直ぐに伸びる姿が、児童・生徒の健全な成長を願う気持ちと重なるからだと思います。

d0361112_19431805.jpg

ただ、難点は6月頃、綿毛のついた種子が風に乗ってフワフワと飛び散ることです。
この高校のポプラも綿毛を飛ばし、近隣の住民から苦情が寄せられました。

d0361112_19432625.jpg

苦情を受けて、真っ直ぐに高くそびえていたポプラは、3分の2くらいの高さでカットされてしまいました。
青年の夢がポッキリと折られてしまったような、悲しい気分になりました。
しかし、それから10年。ポプラは再び、天に向かって枝を伸ばし、成長を続けています。
挫折しても大丈夫! 再び立ち上がれ! と、教えてくれているようにも思えてきます。

d0361112_19422243.jpg

黄葉した葉っぱがわずかな風にもヒラヒラとゆれます。その姿をとっても愛おしく感じるきょうこの頃です。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-11-01 21:00 | 植物 | Comments(0)

ブナの彩

暑いくらいの秋晴れのいい天気になりましたので、ブナの森へ行ってみました。まだ、黄葉が始まったばかりです。

d0361112_19512039.jpg

が、運悪く曇ってしまいました。いい天気だと、ブナの黄葉がもっと美しく撮れるのですが、…残念。
天気のいい日に、また出直して来ようと思います。

d0361112_19513349.jpg

ブナは、夏緑樹林の代表的な陰樹として、高校の生物の教科書で必ず登場する樹木です。
でも、案外知らない生徒が多いというのが現実です。
実をつけるまで50年かかると言われます。成長の遅い木です。だから、ブナは伐採され、成長の早いスギの植林が進みました。
森の動物たちの生活を支えるだけでなく、海のプランクトンを育み、海の動物たちの生活を支えるブナのことを、
みんなに知って欲しいと思います。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。



[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-10-10 21:00 | 植物 | Comments(0)