姫路市の花、サギソウ

サギソウは、一度見て、その名前を聞いたら忘れられない、素晴らしいネーミングだと思います。

d0361112_18285049.jpg

姫路城は白鷺城とも呼ばれることから、サギソウは姫路市の花に指定されています。
姫路市立手柄山温室植物園では、サギソウが夏だけでなく、年中見られるように工夫されています。
多くの人にサギソウに親しんでもらおうと、サギソウの球根の販売や、イベントではプレゼントも行われています。

d0361112_18290335.jpg

かつて、姫路市内にもたくさんサギソウの自生地があったようです。
放置していては自生地がなくなってしまうということで、人工自生地として自生地にサギソウを植え込むことも行われました。
が、現実は…かなり危機的な状況のようです。全国的にも準絶滅危惧種に指定されています。

d0361112_18291390.jpg

サギソウは弱い植物かというとそうではなくて、繁殖力も旺盛で園芸種としては比較的育てやすい植物だそうです。
サギソウが絶滅に瀕している主な原因は、鑑賞目的の乱獲と、サギソウが好む日当たりのよい平地や山麓の湿地の減少です。
サギソウを身近なものにし、たくさんの人が自宅でサギソウを栽培することはいいことかもしれません。
でも、大切なことは、サギソウを守ることではなくて、サギソウが生育する環境をまるごと守ることだということを忘れてはならないと思います。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


[PR]
by syunkatei-tanba | 2017-08-28 19:31 | 植物