人気ブログランキング |

ピンからキリ

いま、山で薄い紫色の花が見えると、たいていフジかキリです。
花札では、フジは4月、アヤメが5月で、キリはなんと12月です。
これは、「これっきり」のキリで、単なる最後という意味のシャレなんですね。

d0361112_19261164.jpg

落語会のトリをキリともいい、トリのネタを「切りネタ」といいます。
トリの後にやるのが「大喜利(おおぎり)」なんです。…すみません。キリの花とは無関係な話でした。

d0361112_19262083.jpg

キリの花はどうも撮りにくい花です。
木が高く、その上のほうに花をつけますので、下から見上げるばかりです。

d0361112_19263560.jpg

いつもの散歩コースから少しはずれたところに、キリの花を真横から撮れる場所がありました。
でも、やはり絵になりにくいキリの花です。
「ピンからキリまで」は最初から最後まで、あるいは最高から最低までの意味ですが、なかなか最高!っていう写真が撮れないでいます。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。大変励みになっています。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。



by syunkatei-tanba | 2017-05-17 19:46 | 植物

これが何万円?

近所の川沿いの石垣が黄色い花で覆われています。
葉は黄緑色、花は明るい黄色なので、石垣が明るく見えます。

d0361112_20064483.jpg

近づいてみると星形の可愛い花。
常緑ですので、冬でも黄緑色です。繁殖力も旺盛で、多肉なので乾燥にも強そうです。

d0361112_20092255.jpg

そのためでしょうか、ネットでこの花が売られていることを知りました。
20本で10800円なんて表示もありました。驚きです。
我が家の近所の川沿いに何百万円もあります102.png


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


by syunkatei-tanba | 2017-05-10 20:34 | 植物

雉の草隠れ

朝の散歩していると、休耕田の草むらからケーン!と大きな鳴き声。
「雉も鳴かずば撃たれまい」のことわざ通りで、鳴くからその存在に気づきます。
僕がカメラを構えて近づくと、↓この姿勢。

d0361112_15331621.jpg


本人はこれで隠れているつもりのようです。
まさに「雉の草隠れ」。「頭隠して尻隠さず」と同義です。
さらに近づくと、頭を上げてケーンと声を上げました。

d0361112_15332747.jpg


周辺に雌は見当たりません。雄が縄張りを守っているのでしょう。
もっと近づくと、走り出しました。
全身が見えます。綺麗です。さすが国鳥。

d0361112_15333648.jpg


さらに近づくと、キジは畑仕事中のおじさんに近づいていきました。
少し抜けているような、愛嬌のある鳥です。


d0361112_15342553.jpg



たいていの国では、国鳥は天然記念物に指定されていて狩猟が禁止されています。
国鳥を狩猟可としている日本。見直して欲しいなぁと僕は思います。
もっとも、フランスの国鳥はニワトリなんですが…。


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。とても励みになってます。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


by syunkatei-tanba | 2017-05-07 15:56 | 鳥類

猫の目に見える?

道路沿いだけど、山からの湧水がチョロチョロ流れている所があって、そこにネコノメソウを見つけました。

d0361112_19024019.jpg

黄緑色の葉で、花の近くの葉は黄色くなっているので、とてもよく目立ちます。
これが4月7日のネコノメソウ。

d0361112_19021500.jpg

でも、なんでネコノメソウ? どこが猫の目?
答えは、1か月後にわかりました。
これ↓が最近のネコノメソウです。

d0361112_19022356.jpg

果実が熟して、縦に裂け、褐色の種子が並んでいます。
次に雨が降ると、この種子が流れ出すことでしょう。

d0361112_19023271.jpg

猫の目の見えますか?


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。
   応援ありがとうございます。とても励みになってます。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


by syunkatei-tanba | 2017-05-06 19:13 | 植物

史前帰化植物のロマン


シャガは群落をつくる植物ですが、こんなシャガの大群落を僕は他に知りません。
養父市八鹿町八木の国道9号線から今滝寺方面へ車1台が通れる細い道を約1.2kmくらい入っていくと、
道の両側の山の斜面にシャガの大群落が現れます。
全体を1枚の写真でとらえられないのが残念です。

d0361112_19183702.jpg


シャガの学名は、Iris japonica。つまり、「日本のアヤメ」ということなんですが、
かなり古い時代に中国から入ってきたものと考えられています。
お寺の近くに多いので、日本で広がったのは仏教と関係があるのかもしれません。
しかし、仏教の伝来よりももっと古い時代に日本に入ってきた「史前帰化植物」です。

d0361112_19185398.jpg


ところが、日本のシャガはすべて三倍体で、種子ができません。だから、すべてクローンです。
つまり、中国から種子を持ち込んだのではなく、誰かが中国からシャガの生きた株を、生きたまま持ち込んだのです。
大昔に、いったいどうやって運んだのでしょうか? 太古のロマンです。

d0361112_19210681.jpg


それにしても、今滝寺の下のシャガの大群落は素晴らしい景観です。
すごい観光資源だと僕は思うんですがねぇ。

d0361112_19211829.jpg


  ↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。


人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


by syunkatei-tanba | 2017-05-02 20:03 | 植物

タデ喰う虫

きょうはモンシロチョウをよく見かけるなぁ…なんて、日によってやたら目につく昆虫がいたりします。
この頃、目につくのはベニシジミです。同じ頃にいっせいに羽化するのでしょうか。
小さくてかなり激しく飛び回る可愛いチョウです。

d0361112_22545259.jpg

幼虫の食草がスイバやギシギシなどのタデ科の植物で、「タデ喰う虫」というのはコイツのことかもしれません。
成虫は、タンポポやキンポウゲなどの黄色い花が好きみたい。

d0361112_22544015.jpg

春型はちょっと赤っぽくて、夏型は黒っぽい色をしています。

↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。

コメントをいただける方は、下の「コメントする」、または右下の「Comments」をクリックしてね↓


by syunkatei-tanba | 2017-05-01 23:09 | 昆虫類

キンポウゲの花。正しい和名は、ウマノアシガタといいます。

d0361112_19544910.jpg


キンポウゲというのは、ウマノアシガタの八重のものを指すらしいですが、
このエナメル質の光沢をもつ花の名としては、やっぱりキンポウゲのほうが似合います。

d0361112_19544072.jpg


子どもの頃、ヤギに餌をやるのが日課でしたが、キンポウゲの花は食べさせたらアカン!と教えられました。
毒があるからです。
調べたら、キンポウゲの仲間は毒草だらけです。
トリカブトはキンポウゲ科です。
アネモネも、フクジュソウも、キンポウゲ科で毒性が強いそうです。

d0361112_19550026.jpg


逆光で撮ると、こんなに穏やかな、柔らかな花なのに毒草…。
でも、虫媒花です。
花粉を運んでくれる虫たちには蜜を提供する、優しい花なのです。

d0361112_19543229.jpg


↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。

人気ブログランキング
横位置の画像はクリックすると、拡大します。

このブログの写真の無断使用をお断りします。


by syunkatei-tanba | 2017-04-29 20:23 | 植物

火星探査機みたい

道路沿いの林縁に変わった形の花を見つけました。

d0361112_09381135.jpg



船の錨(いかり)のような形だということでイカリソウ。
でも、僕には錨よりも、火星探査機か月面着陸船のように見えます。

d0361112_18435568.jpg


d0361112_18433626.jpg



4枚の花びらが距(きょ)をつくって、これを突出し、特徴的な形になります。
距の中には蜜をためています。

d0361112_09354623.jpg


花の上に傘をさしたように葉が覆います。
この葉が赤みを帯びたものがあって、葉も楽しめます。

↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。

人気ブログランキング


by syunkatei-tanba | 2017-04-28 19:06 | 植物

葉をかじると酸っぱいので、スイバ。
子どもの頃、「戦時中はよく食べたものだ」と古老から聞かされたが、
別に、食糧難の時代の食べ物というわけではない。
ヨーロッパでは、畑に植えられ、スープやサラダ、煮込み料理として食べられているらしい。
道端に食べられる野菜がいっぱい育っていると思えば、散歩も楽しい。

d0361112_21282156.jpg

スイバには雄株と雌株があって、赤いのが雌。
花の部分をアップしてみれば、違いは一目瞭然。

d0361112_21283169.jpg

これが雌株の雌花。赤紫色の雌しべの先がほつれた糸のようになっている。

d0361112_21283822.jpg

一方、雄花のほうは、こんな感じで白っぽく、雄しべの葯が薄い黄色。
雄株と雌株は性染色体で決まるが、ヒトやショウジョウバエと同じXY型。
植物の雌雄も性染色体で決まるんだ!って初めてわかったのが、このスイバだそうな。

↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。

人気ブログランキング


by syunkatei-tanba | 2017-04-26 22:08 | 植物

雪のように真っ白

中国の奥地に崑崙(こんろん)山脈というのがあるそうな。行ったことがないから、よく知らない。
調べると、黄河の源で、6000m以上の山が200峰も連なる山脈。仙人が住むとも言われるそうな。
その山々に積もる真っ白な雪を連想させるというので、コンロンソウ。

d0361112_21115614.jpg


ほんとうに真っ白で可憐。
空を背景にして撮ってみた。山脈に積もる雪に見えるかな。

d0361112_21120713.jpg


目立たないが、この真っ白な花は、昆虫たちにも好かれているみたい。


d0361112_21122679.jpg

d0361112_21121829.jpg

↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッとクリックしてください。

人気ブログランキング


by syunkatei-tanba | 2017-04-25 21:21 | 植物